教育課程総論 ロマン主義の思想と幼児讃美  リポート評価【A】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数721
ダウンロード数13
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ロマン主義の思想と幼児賛美、幼児発見について述べていくのだが、ロマン主義とはどういうものなのか。
     ロマン主義とはヨーロッパにおける十八世紀から十九世紀にかけての精神運動であり、ドイツに始まり、イギリスやフランスにも影響を与えた。ドイツにおいてもっとも展開したことからドイツ・ロマン派が有名でありロマン主義の代表とされる。ではロマン主義が起きた十八世紀から十九世紀にかけてのドイツは何が起きていたのであろうか。沼田博之によれば「先進国のイギリスやフランスに比べての産業革命の立ち遅れ、領邦諸国家の並存、そして何より、ナポレオン戦争における敗戦という、国家として悲哀を嘗め尽くしていた」と表現されており、近隣諸国より政治、経済、軍事力などの国力すべてにおいて遅れていたことが伺える。
    敗戦などによって沈み込んだ国を嘆き、ルターの宗教改革において敷かれた合理主義によって合理的で規定しつくされた生活に不満や違和感を覚えた人々が次第に増え始め、非合理な物事に憧れを持ち始めた人々が集まり運動を起こしたのがロマン主義の始まりである。
    イエナ、ハイデルベルク、ベルリン等の都市に集まった文学者や哲学者の中に中..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。