東工大:コンピュータリテラシー発表「ES細胞と論文捏造」

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数425
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東工大:コンピュータリテラシーでのテーマ別発表「ES細胞と論文捏造」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ES
    細胞と論文捏造
    概要
     
    2004
    年、ソウル大学の黄禹錫教授(当時)が世界で初めてヒトクローン胚
    から
    胚性幹細胞(
    ES
    細胞)の作成に成功と科学誌サイエンスにて発表。翌
    年には同誌で、患者の皮膚細胞をもとに
    ES
    細胞を作成したと公表した。し
    かし研究協力者が論文は虚偽と暴露し、ソウル大調査委員会は論文が捏
    造だったと断定した。
     
    論文捏造はなぜ起きたのか。そして、なぜ発覚が遅れたのか。韓国社会
    がノ
    ーベル



    に対して、焦燥感を感じていたこと、また過去の捏造事
    件と比較すると、研究者、研究所単位でのヒエラルのがだと
    る。これを、をることで、より公が
    でき、よりに科学のを取りことができるというにた。
    はじめに
     
    、ソウル大での捏造事件によって、科学のに

    った。国でも大学

    大学で論文の捏造がれた事あり、対

    のと言ってられない。よって、件
    のを、大韓

    国の
    学から論文捏造事件がなぜ起こったのか、どのように起こっ
    たのかを調査する。さらに過去の捏造事件をもとにして、捏造事件にする要、
    にためにはどうすかする。
    ソウル大論文捏造事件について
    事件の
    2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。