東工大:コンピュータサイエンス入門「逆ポーランド記法」

会員2,700円 | 非会員3,240円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数572
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.
    課題の概要
    課題
    3


    逆ポーランド記法で書かれた式を計算するプログラムを作れ

     
    普段、我々が用いる表記法は中置法と呼ばれるものである。多くのプログラム言語も中
    置法で書かれる事を当然として、文法が決まっている。逆ポーランド記法の演算をすると
    き私たちが単純に順番を意識するということが演算記号の認識から数字のスタックまで細
    かく定義しながら記述していかなければならない。人間の何気ない
    "
    数式を読む
    "
    行為を改
    めて定義し、プログラムに正確に記述することに挑戦してみようと思った。
    2.
    課題の解決
     
    課題の解決のために以下のように
    方針を立てた


    入力された文字列に含まれる
    数字を
    スタックに入れる
    pu


    演算を行うスタックから数字を
    p


    数と数の
    間をる記号
    (
    スス
    )
    の認識

    スタック
    には用いる
     
    のスタックではあるが、を用いることで作ることができる。しかし、
    な挑戦してみたとこ文がになるのと、にもが用いられ
    ていて、あまもしなかったので、タの入れにれる
    用いることにした。
     
    数と数の間をる記号の認識にては、逆ポーランド記法の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。