東工大:物理学実験 「放射線1,2」

会員7,020円 | 非会員8,424円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数654
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    霧箱を用いて放射線の飛跡を観察する。また飛跡の、粒子の違いによる太さや長さ、形状の違いなど
    に注目して考察をする。霧箱を用いた実験では、磁場中の荷電粒子の運動も観察した。。シンチレータ
    を用いた蛍光の観察なども行い、放射線の放射について考察を与えた。また、環境放射線を測定し、線
    源を用いない場合にどのような強さの放射線が実験に影響を及ぼしうるのか考察した。
    放射線には 線、 線、 線が存在し、それぞれ異なった性質を持つ。まずそれぞれの放射線がどの
    ように発生しどのような性質を持つのか述べる。
    2.1 線
    放射性核種は不安定であって 崩壊により、(Z,A)の親核は (Z-2,A-4)の娘核に変わる。その際 線
    を出す。 線は陽子 2 個と中性子 2 個からなる、ヘリウムの原子核と同じものであることがわかってい
    る。2 はマジックナンバーであるからダブルマジックとなり 粒子はとても安定である。娘核と 線の
    質量比は 1 対 20~60 程度であることを考えると、この崩壊の際に放出されるエネルギーはほとんどが
    線の運動エネルギーとなることがわかる。 線の持つ運動エネルギーは娘核の種類によりい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。