動的システム論

会員4,860円 | 非会員5,832円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数394
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    動的システム論のアドバンスドレポートです。
    いくつかある指定図書からの選択となりますが、「新しい自然学―非線形科学の可能性」のレポートとなります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「動的システム論 アドバンスドレポート
       新しい自然学
    ―非線形科学の可能性

     
     物理学科の出身であった私は、蔵本先生のことをよく知っている。振動子同士の
    引き込み現象などの業績のほかに、非線形力学系の研究で有名で、どちらかという
    と「物」を対象としない「システム」の研究でよく知られていた。本文でも記述さ
    れているように、非線形力学系は新しい分野である。しかしながら、非線形力学系
    自体は、物理学の分野の中では万有引力という形でニュートンによって初期から扱
    われている。物理学とほぼ同時に、生まれ在ったわけである。
     
    従来の理論物理学はほとんど例外なく「孤立系」の記述をしてきた。閉鎖系では
    外部とのエネルギーのやりとりがなく、それゆえ比なよって
    その振るを記述ことができる。しかし、現現象にれその
    ようなな「孤立系」をである。したとこ、外部
    とエネルギーをやりしないことはできないことをている。もち、
    現力学系のほとんどは外部にれて、それゆえでなー
    ンを生。このようなな力学系をは「非系」
    とでいる

     
    非線形系を扱う「非線形科学」は、そのを的な性で、
    という部分を
    物理から
    引..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。