満州事変と国家主義台頭の考察

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数618
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本アメリカ中国経済戦争イギリス政治地域国際問題

    代表キーワード

    経済

    資料紹介

    「満州事変と国家主義台頭の考察」
    はじめに
    昭和6年(1931年)に起きた満州事変は、日清・日露戦争で得た南満州における日本の権利・権益が中国の民族運動の台頭によって侵害されてきたため、それに対する反発から生じた。南満州は、建軍まもない日本陸軍が全力で戦力を投入し、多くの犠牲を払って命がけで勝ち取った古戦場であった。また、ロシアから領土を受け継いだソ連の極東軍備に対する国防の第一線であった。
    それは、日本の国内的諸条件の結果によるものではなく、満州における日華の対立、係争関係が増大し、軍事力を発動せざるを得なくなって発生したのである。いわば外交問題が、国内の政治やイデオロギーを変化させ、15年戦争へと繋がっていったのである。
     本レポートでは、満州事変が起きた背景を説明し、満州国の建国とファシズムやテロの台頭から、日中戦争に至るまでの日本政府の進んだ道を考察していく。内閣史上の時代背景は、第25代の第1次若槻内閣~第32代の広田内閣の時代で

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題 近代日本政治史の中で、外交問題が対外問題に止まらず、国内問題にまで波及した事例を一つ上げ考察しなさい。      (4,000字程度)
    「満州事変と日本ファシズム台頭の考察」
    はじめに
    昭和6年(1931年)に起きた満州事変は、日清・日露戦争で得た南満州における日本の権利・権益が中国の民族運動の台頭によって侵害されてきたため、それに対する反発から生じた。南満州は、建軍まもない日本陸軍が全力で戦力を投入し、多くの犠牲を払って命がけで勝ち取った古戦場であった。また、ロシアから領土を受け継いだソ連の極東軍備に対する国防の第一線であった。
    それは、日本の国内的諸条件の結果によるものではなく、満州における日華の対立、係争関係が増大し、軍事力を発動せざるを得なくなって発生したのである。いわば外交問題が、国内の政治やイデオロギーを変化させ、15年戦争へと繋がっていったのである。
     本レポートでは、満州事変が起きた背景を説明し、満州国の建国とファシズムやテロの台頭から、日中戦争に至るまでの日本政府の進んだ道を考察していく。内閣史上の時代背景は、第25代の第1次若槻内閣~第32代の広田内閣の時代で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。