道徳教育の研究

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数151
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    聖徳道徳

    代表キーワード

    道徳教育の研究聖徳大学

    資料紹介

    乳児期の道徳性については、まだ自我・自己意識・自由意志は未発達なので、道徳以前の「無道徳」の段階である。しかし一方で、いくらか自己の客観視、聞き分けや納得、また他者を自分と同じ存在と認め、相手の立場に立つことも、でき始める。母親や教育者は、受容による愛着の形成が、子ども自身の、自信につながり、その後の自我や能動性の発達をもたらしていくため、受容による原信頼感の樹立を心がけることが求められる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    第 1 課 題 第 3 設 題
    乳 児 期 の 道 徳 性 に つ い て は 、 ま だ 自 我 ・ 自 己 意 識 ・ 自
    由 意 志 は 未 発 達 な の で 、 道 徳 以 前 の 「 無 道 徳 」 の 段 階 で
    あ る 。 し か し 一 方 で 、 い く ら か 自 己 の 客 観 視 、 聞 き 分 け
    や 納 得 、 ま た 他 者 を 自 分 と 同 じ 存 在 と 認 め 、 相 手 の 立 場
    に 立 つ こ と も 、 で き 始 め る 。 母 親 や 教 育 者 は 、 受 容 に よ
    る 愛 着 の 形 成 が 、 子 ど も 自 身 の 、 自 信 に つ な が り 、 そ の
    後 の 自 我 や 能 動 性 の 発 達 を も た ら し て い く た め 、 受 容 に
    よ る 原 信 頼 感 の 樹 立 を 心 が け る こ と が 求 め ら れ る 。
    3 ・ 4 歳 か ら 5 ・ 6 歳 頃 を 、「 権 威 道 徳 」 期 と 呼 ぶ 。 大 人
    社 会 の 善 と 悪 の 価 値 観 が 内 面 化 さ れ 、 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。