持続可能な社会をつくるために

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数451
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    温室効果ガス削減目標と現状
    日本の環境対策の現状と目標について言及したい。
     様々な環境問題が重要視されている現在、多くのメディアに取り上げられ議論されるものの一つに、地球温暖化がある。その地球温暖化防止のために今日では多くの対応策が取られている。その中で、世界を通して取り組まれているものの一つとして、二酸化炭素を含む温室効果ガスの削減がある。京都議定書に続き、先日開かれていた洞爺湖サミットでも各国の温室効果ガスの削減目標の設定は大きな議題となった。
     京都議定書は、気候変動枠組条約に基づき、1997年12月11日に京都市の国立京都国際会館で開かれた第3回気候変動枠組条約締結国会議で議決された議定書で、その概要としては、先進国及び市場経済移行国全体の目標として、二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素等の温室効果ガスを、1990年時を基準に2008年から2012年までの5年間で少なくとも5%削減する、というもので、主要国各国の設定目標は、日本:-6% 米国:-7% EU:-8% カナダ:-6% ロシア:0% 豪州:+8% NZ:0% ノルウェー:+1% のように設定された。
     しかし2008年現..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。