検査値の正常・異常から読み取れる疾患

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,491
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    検査値TPAlbASTALTγGTPCHELAPTBILLDHCPKAMYCcrNaKClCaMggluWBCRBCHGBHCTPLTPTAPTTTTFDPPIC

    代表キーワード

    検査値の正常・異常

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高値の場合 低値の場合 TP
    6.5~8.0g/dL 本態性血小板血症、真性多血症、慢性骨髄性白血病、骨髄繊維症、慢性関節リウマチ、出血後、鉄欠乏性貧血、悪性腫瘍、摘脾後、血小板減少症の回復期など 再生不良性貧血、遺伝性血小板減少症、急性白血病、多発性骨髄腫、白血病、癌の骨髄浸潤 、巨赤芽球性貧血、ウイルス感染症、骨髄異形成症候群、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、全身性エリテマトーデス、薬物アレルギー、汎血管内凝固症候群(DIC)、血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)、脾機能亢進症、肝硬変、バンチ症候群など ALB
    0.2~1.0mg/dl 多発性骨髄腫、脱水
    ネフローゼ症候群、栄養不良、消化吸収障害、慢性肝疾患、肝硬変、腎疾患、熱傷 蛋白分画 アルブミン(Alb)
    α1-グロブリン
    α2-グロブリン
    β-グロブリン
    γ-グロブリン
    60~65%
    1.7~5.0%
    6.2~12.5%
    8.3~16.3%
    10.7~20.0% 急性炎症型:Alb↓,α1↑,α2↑ 慢性炎症型:Alb↓,α1↑,α2↑,β↓,γ↑ 急性肝障害型:Alb↓,α2↓,経過とともにγが徐々に↑ 慢性肝障害型:..

    コメント1件

    tomoko-u- 販売
    検査値の正常・異常=高値の場合・低値の場合から読み取れる疾患や病態などを一覧表にまとめました。看護実習だけでなく、実際に看護師として働き出してからも使っていただけると思います。
    2009/07/12 13:31 (7年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。