反致

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数497
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本中国国際法律国際私法問題相続理論外国判決

    代表キーワード

    法律反致

    資料紹介

    本来、国際私法は、問題となる法律関係に最も密接な場所の法を準拠法として指定することにより、渉外的私法関係の法的規制を図ることを目的としているのだが、その内容が完全に統一されていない結果、同一の法律関係であっても、準拠法が異なってしまうということが起こり得る。そこで複数の国々に跨って法律関係を有する場合、どの国の法を適用すべきか予め一定のルールを定めておく必要がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    反致について
                        
       
    本来、国際私法は、問題となる法律関係に最も密接な場所の法を準拠法として指定することにより、渉外的私法関係の法的規制を図ることを目的としているのだが、その内容が完全に統一されていない結果、同一の法律関係であっても、準拠法が異なってしまうということが起こり得る。そこで複数の国々に跨って法律関係を有する場合、どの国の法を適用すべきか予め一定のルールを定めておく必要がある。
    例えば、中国人である被相続人が所有していた日本国内の不動産の相続について(最判平6.3.8)、国内の法と中国の法のどちらを適用するのか、といった場合である。A国の国際..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。