area studies-report

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数275
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    -中間レポート-
    1.国民国家
         2.開発主義<開発体制>
    国民国家(Nation-State)
    序論
    韓国人である自分が留学という形で日本という国で滞在していることとして、自分は韓国国民として日本と韓国の両国で認められている。国民を必要とする考え方から始まった国民国家には「国民」という要素が必ず必要になる。
    国民国家の概念において現在も様々な研究が進められているが、本レポートでは国民国家の形成や定義、自分が考えた「国民国家の概念」をまとめてみたい。
     
    2. 本論
           
            国民国家の形成は国民国家の起源である国民主義(Nationalism)が台頭したのは19世紀
    ヨーロッパであり、「これは国家が国民のためだけに存在すべきである」という概念を基にした政治的な思想である。
           一方、国民国家の特徴とは何か。西川長夫の「日本型国民国家の形成」『幕末・明治の国民国家形成と文化変容』(新曜社、1995)に三つの特徴が箇条書きされているので多少長くなるが、以下に引用してみたい。
    「第一に、国民国家と呼ばれているものは、原理的には、国民主権と国家主権に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。