消費低迷期における大手スーパーマーケットの戦い方(卒論)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数2,981
ダウンロード数65
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    消費低迷期における大手スーパーマーケットの戦い方
    ――イオンとセブン&アイ・ホールデイングスの比較――
    目次
    はじめに
    第1章イオンとセブン&アイの共通点
    第1節 イオンとセブン&アイの現状
    第2節 価格競争におけるコスト構造改革の遅れ
    第3節 衣料品、生活用品部門の低迷
    第4節 店舗閉鎖の増大、ディスカウント店の拡大、海外進出
    第5節 低価格戦略に対するプライベートブランドの拡充
    (1) プライベートブランドのメリット
    (2 ) イオンとセブン&アイのPB 戦略
    第6節 ネットスーパー事業の拡大
    第2 章 イオンとセブン&アイの違い
    第1節 セグメントから見るイオンとセブン&アイの違い
    (1) 売上高構成比から見る両社の違い
    (2) 営業利益構成比から見る両社の違い
    (3) 地域セグメントから見る両社の違い
    第2節 資金調達から見るイオンとセブン&アイの違い
    (1) 資本を分析する
    (2) 負債依存度から見る両社の違い
    第3 章「専門店」VS 「総合スーパー」
    第1節 専門店の躍進と総合スーパーの不振
    第2節 ファーストリテイリングとニトリの躍進の背景
    第3節 ファーストリテイリング..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。