セブンイレブンに見る顧客戦略(卒論)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数9,392
ダウンロード数104
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    セブンイレブンに見る顧客戦略
    目次
    第1章 はじめに
    第2章 お客様のわがままにいかにこたえるか
     第1節 品揃え
     第2節 品質
     第3節 利便性
    第3章 鈴木イズムの根幹
     第1節 常識破壊
     第2節 素人の強み
     第3節 顧客心理
    第4章 考察:鈴木氏に学ぶ今後の展望
     第1節 新形態コンビニエンスストア
     第2節 コンビニエンスストアの課題と解決策
    第5章 おわりに
    第1章 はじめに
     近年、我々にとってコンビニエンスストア(以下コンビニ)の存在は無くてはならないものとなっている。それに伴い、大手コンビニ各社は出店を続けてきた。ところがここ数年、少子高齢化や人口減少の影響もあり、新規出店の減少、閉店の増加傾向にある。
     そのような市場環境を生き抜くためには、他社・他店と何かしらの差別化を図る必要がある。コンビニ業界でいえば、差別化の最たるものは店舗立地であろう。たとえば駅ナカ、大規模マンション内のテナント、病院や大学、高速道路のサービスエリア内などの閉鎖的な空間に出店すれば、競合もなく、必然的に成功を見ることができるだろう。しかし、このような立地には限界があり、瞬く間に出店の余..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。