日本における成果主義の導入(自動車メーカー)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数732
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    成果主義
    目標管理(仕事管理)
    自動車メーカーJ社の事例
    目標管理制度の問題点
    成果主義
     日本の上場企業の9割はアメリカ的な考えである成果主義(成果主義とは、基本給+賞与で構成されている日本の給与システムの賞与の部分を仕事の成果を評価することで変動させるシステムである。)の導入を行っている。しかし、その7割は導入に失敗したといわれており、日本的経営とアメリカ型の経営には明確に違いがある。その代表的なものとして成果主義を取り上げ、日本的経営の様を見ていこうと思う。
    目標管理(仕事管理)
     日本の成果主義として採用されているシステムの9割は目標管理(仕事管理)と呼ばれるものである。目標管理の最大の特徴は、「上から下への目標のブレイクダウン」である。つまり、代表取締役の目標の達成は部長、課長、係長、主任、一般社員の個別の目標の達成とリンクしているということだ。
    例:CEOが10%増収を設定→部長3%の売上アップ、費用の5%カット→商品Aの売上3%アップ、費用5%カット→一般社員 新規顧客3社の開拓
    目標管理の前提条件
     目標管理は人事の評価が行われるため、評価するための条件がある。
    目標が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。