人的資源管理論職務主義と属人主義

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数2,655
ダウンロード数81
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    人的資源管理論 職務主義と属人主義
    ○○○ ○○○
    アメリカの人的資源管理における「職務主義」とは、組織を職務の集合体とする考え方を指す。職務に対して人が配置され、その職務を超えて人は責任を負わない構造になっている。職務の設定には、職務分析を起点にして職務記述書、職務評価、職務給の順に職務を決定するのが原則である。職務分析は職務の内容、性質、作業環境、また、職務遂行に要する経験、知識、責任などを分析する手続きである。職務記述書は分析によって得られた情報をもとに、職務を遂行するに足る人の要約事項である。この記述書をもとにして作られる職務評価は、職務の経営内における相対的価値を決定し、従業員の配置や職務給の決定を行う。最終的に職務給が設定されると実際に募集のプロセスに入る。
    あるアメリカの自動車工場の車体部門では、職務が8つに分かれている。Group1 生産セクション224人、Team Operator 200人、Relief Operator 20人、Special Operator 4人、Team Coordinator24人、Group1-B補修セクション32人、Team Opera..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。