教育心理学 科目最終試験1~6

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数458
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育心理学
    フラストレーションについて説明せよ
    フラストレーション(欲求不満)とは、人の行動が目標に向かう過程で、何らかの理由で阻止される時に、人の心が陥る状態のことをいう。例えば、交通渋滞とか信号機の故障などによる電車の一時停止やダイヤの乱れは、目的地に接近しようとする欲求を妨害する。このような時、人は不平や不満を口にしたり、特に急いでいる場合であれば、イライラしたりやきもきしたい、起こったりする。また、期待していた人事が思い通りに行かず、昇進が見送られたり、野球で登板を予期していた投手がその機会を与えられないでいると、やけになったりする。以下ではフラストレーションについてさらに詳しく述べる。
    フラストレーションの状態では、欲求が満たされず緊張状態が生じる。それはイライラや不安や怒りなどといった様々な形で表現されるが、これらの情動反応に対して、人はその解消を目指していろいろな対応行動を工夫することになる。まず、物事が思うように進まない、欲求不満の状況にぶつかると、攻撃性、退行性、固着性といった反応が生じる。攻撃性とは、イライラ、口論、八つ当たりなどといった表現である。退行性とは、人が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。