道徳教育の研究 科目最終試験1~6

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数615
ダウンロード数35
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ
     第15期中央教育審議会答申は時代を超えて変わらない価値があるものを大切にするとともに、社会の変化に的確かつ迅速に対応する教育を実現するために、「生きる力」の育成という新しい教育の目的を提示した。「生きる力」とは「確かな学力」と「豊かな心」、「健やかな体」の3つからなる。「確かな学力」とは教育知識や技能に加えて、学ぶ意欲や自分で課題を見付け、自ら学び、主体的に判断し、行動し、よりよく問題解決する資質や能力のことである。「豊かな心」とは自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやるや感動する心のことである。最後に、健やかな体とはたくましく生きるための健康や体力のことである・以下では、道徳教育が生きる力をはぐくむのに大きな役割を果たすということについて述べたいと思う。
     学習指導要領では、道徳教育について「道徳教育は、教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神に基づき、人権尊重の精神と生命に対する畏敬の念を家庭、学校、その他社会における具体的な生活の中に生かし、豊かな心をもち、伝統と文化を尊重し、それらを育んできた我が国と郷土を愛し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。