教育相談の研究 科目最終試験1~6

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数352
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の社会や学校において、カウンセンリングがますます重視されるようになってきている背景や原因について考察しなさい。
     不登校、いじめ、非行など学齢期にある子どもの行動が、学校の問題としてのみでなく、広く社会現象として捉えられるようになってから久しい感がある。特にこれらの問題にたいして、教育的かかわりのみでなく、カウンセリング的かかわりの重要性がさけばれ、学校におけるカウンセリングの必要性が強調されてきた。以下では、カウンセリングが重要視されるようになった背景や要因について述べたいと思う。
     カウンセリングが重視されるようになっている背景、要因として、子どもを取りまく社会の変化があげられる。子どもを取り巻く社会の変化として、学校生活の変化、家庭生活の変化による人間関係への影響があげられる。
     学校生活の変化として、近年学歴変中の社会の風潮が子どもたちの身の回りまで押し寄せ、多くの子どもが学習塾へと通うようになったことが挙げられる。この空気が義務教育の現場にまで浸透してきて、クラスの中で子どもたちが学力によって位置づけられるような雰囲気ができてしまった。
     次に、家庭生活の変化として、子ど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。