とみびレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数383
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    19世紀後半、当時の科学技術進歩の一つであった写真術により人々は物体のありのままの姿を捉えることができるようになった。この画期的発明に触発された印象派画家たちは世界の「瞬間性」を描くことに執心したのである。そもそも印象派以前、絵画の世界は創造の世界で、芸術とは芸術家の信奉する思想理念の表現物であると考えられていた。従って自らの感覚に正直にそのまま書く印象派の試みは異例であり、当時アカデミーから大批判を浴びた。印象派は特に太陽光をいかにしてキャンバス上に表現するか、ということに着目した。また風景の印象や光など表現対象を眼で実際に見て完璧に再現しようと屋外で制作することを推奨した。それをいかに色彩豊かに、忠実に描くかを追求し始めた。その結果、絵の具本来の質感を生かして対象を表現する技法に行きついた。そのため多くの印象派絵画は多彩な色の斑点を重ねたようになっている。
    印象派の代表としてまずクロード・モネを挙げる。モネの代表作といえば「睡蓮」であるが、これはパリ郊外のジヴェルニーで描かれた。庭園に咲く睡蓮を屋外で描いているおり、印

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    美術レポート 
                           
    19世紀後半、当時の科学技術進歩の一つであった写真術により人々は物体のありのままの姿を捉えることができるようになった。この画期的発明に触発された印象派画家たちは世界の「瞬間性」を描くことに執心したのである。そもそも印象派以前、絵画の世界は創造の世界で、芸術とは芸術家の信奉する思想理念の表現物であると考えられていた。従って自らの感覚に正直にそのまま書く印象派の試みは異例であり、当時アカデミーから大批判を浴びた。印象派は特に太陽光をいかにしてキャンバス上に表現するか、ということに着目した。また風景の印象や光など表現対象を眼で実際に見て完璧に再現しようと屋外で制作することを推奨した。それをいかに色彩豊かに、忠実に描くかを追求し始めた。その結果、絵の具本来の質感を生かして対象を表現する技法に行きついた。そのため多くの印象派絵画は多彩な色の斑点を重ねたようになっている。
    印象派の代表としてまずクロード・モネを挙げる。モネの代表作といえば「睡蓮」であるが、これはパリ郊外のジヴェルニーで描かれた。庭園に咲く睡蓮を屋外で描いているおり、印..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。