小児看護学 新生児~5歳児までの特性・遊び・静脈採血法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数4,875
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、 静脈血採血 目的 静脈血を採取 し、血液の成分や性状を確認することにより、全身の各組織や細 胞の変化、機能異常などの診断および、治療効果の判定の指標を得る。 必要物品 注射針 (21~23Gま たは翼状針)、シリンジ (5ま たは 10ml)、 トレイ、検体容 器、駆血帯、肘まくら、アルコール綿またはマスキン綿、テープ、絆創膏、検 体ラベル (必要時 :抑 制用のバスタオル、好みのおもちゃなど) 葬刺部位 浅側頭静脈、前頭皮静脈、外頚静脈、鎖骨下静脈、様側皮静脈、尺側正中静脈、 前腕正中静脈、手背静脈弓、小伏在静脈、大伏在静脈、足背静脈弓 実施 1)小 児に関する情報収集を行なう。 出血傾向の有無や全身状態など、小児の疾患に関する情報、ラテックスア レルギーの有無を確認する。小児のこれまでの採血体験の有無、採血時の 様子、痛みに対する対処行動を把握する。 2)必 要物品を準備する 検査内容によって、採血量や検体容器、検体の取 り扱いが異なるので、事 前に確認 してお く。小児の氏名、検査内容、検体容器を確認 し、検体容器 にラベルをはる。葬刺に用いる注射針は、葬刺部
    1、新生児期..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。