体育科教育Ⅰ 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数312
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    体育科教育Ⅰ 
    2単位目 
     小学校体育科の学力および評価の観点について考察せよ。また、「指導と評価の一体化」につ  いて考察せよ。
     小学校体育科における学力とは運動技能や体力だけではない。それらに加え、「知識・理解」や「思考・判断」も体育科の学力の重要な要素である。現在、小学校の指導要領で示されている体育科の評価の観点は、「運動の技能」、「運動に関する思考・判断」、「運動への関心・意欲・態度」、そして「知識・理解」である。子どもの運動技能を向上させるためには、自分の運動のイメージをつかんだり、友達の運動を見てどのようにアドバイスすればよいかを考えたりするための基礎となる「知識・理解」や「思考・判断」も重要となる。これらが伴わない中で運動を繰り返しても、運動技能の向上は期待できない。
     次に指導要領で示されている評価の観点を基本にしながら、体育科において児童に身につけさせたい学力を分析すると以下の4点であると考えられる。一点目は、自分自身や友達の運動を分析する力や運動に関する知識。二点目は運動の仕方や学び方について考える力。三点目は自己の目標の達成に向けて主体的に学ぶ力。四点目が運動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。