視覚障害教育学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数383
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    視覚障害教育の専門性とは何か
     視覚障害教育の専門性は、授業の最後に先生がおっしゃったように多岐にわたるもので、その全てについてここで考察することは困難なことである。そのため、本レポートでは授業中に扱った内容で興味のあった理科教育についてと、大学院生になってから初めて学んだ視覚障害に対する障害理解についての専門性を考察することにする。
     まず理科教育について記述する。私は大学生の頃に理科教育に関係する3つの経験を得る機会に恵まれた。まず最初に、私は筑波大学の大学院に入学する前は、学習院大学の理学部数学科に在籍しており、そこを卒業して筑波に入学した。そのため、大学生の頃の授業で同じ理学部の化学の授業をいくつか履修したことがあり、化学を中心とした科学についての知識は多少深く学ぶことができた。次に大学4年生の頃、学芸員の資格を得るために、上野の国立科学博物館に2週間ほど現場実習でお世話になったことがある。その実習では来館者の案内や、展示物を子どもにわかりやすく説明することが主な仕事であった。最後に、今現在も継続中であるが、中学受験のための大規模塾の理科科講師として働いており、20名前後の小学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。