ジャーナリズム研究:新聞メディアは私にとってどのような存在か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数359
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    木曜4限 ジャーナリズム研究 
    レポート「新聞メディアは自分にとってどのような存在か」
    1.新聞メディアの特性
    (1)他のメディアの特性
    インターネットは言うまでも無く情報量の多さと検索の早さで、テレビは音と画像の同時提供とリアルタイム放送がある。これらに対して新聞はどんな特性を持つかというと、まずあげられるのは「見出し」だと私は思う。
    (2)新聞メディアの特性:見出し
    これは就職活動をしていた際のマスコミ講座の先生の受け売りだが、「見出しというのは一行の言葉でニュース内容を読者に理解させるもので、作ろうと思ってもなかなか作れない玄人芸だ」と言っていた。実際その通りだ。テレビやネットのニュースに対して、ざらっと情報を見渡す、それこそ何か気になるニュースはないかと探す時間だと新聞が圧倒的に短いと思う。この点は手放しで新聞を褒められる点だろう。なお、かつて私が気に入った見出しは巨人のクルーン投手が試合で乱調だった次の日の朝日新聞のスポーツ欄で、「荒れクルーン」と書かれた見出しだ。くだらない見出しに感じられるが、しっかりと内容を伝えていてユーモアも感じられるこの見出しは私にとってとても印象に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。