日本語圏と英語圏

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数218
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    紀伊國屋書店は英語圏を目指す
     2008年8月紀伊国屋書店は、中東産油国アラブ首長国連邦(UAE)に出店する 。場所は「開発のテーマパーク」と呼ばれるドバイ。規模は1800坪。新宿南口タカシマヤタイムズスクエアにある、旗艦店新宿南店が約1400坪だからそれを超えるスケール。これで紀伊國屋書店は海外1万坪体制を構築、人口減の国内マーケットと異なる場所に、出版不況の活路を求めることになる。
     ドバイは「ドバイモデル」と呼ばれる産業多角化を成功させた都市。石油で得た富を、観光業、サービス業、貿易業への投資に活用、それが消費を生み、海外からの旅行者を呼び込む。石油価値連鎖を演出した好事例として産油諸国が追随しようとしている。人口わずか4百万人強の小国の、「成長」に世界が注目している場所だ 。
     紀伊國屋書店はその「成長」の果実に手を伸ばす。それも洋書で。1999年、高島屋からの誘いで紀伊國屋書店はシンガポールに出店したが1200坪の過半を洋書とし、成功した。ドバイ出店はその経験を活かす。海外店第一号米国サンフランシスコ店のミッションであった、海外駐在員向けの和書展開からの大いなる飛躍。日本語圏..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。