「クラウド」は企業文化改革の試金石

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数238
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    電子書籍貸出サービス
    07年の秋は、「貸出の秋」それも「電子の秋」だったといわれるかもしれない、と思わせる出来事があった。この年11月1日、紀伊國屋書店は電子書籍での「貸出システム」の販売を始めた。また11月26日、千代田区立図書館が「電子書籍貸出サービス」をスタートさせた。紀伊國屋書店は大学図書館向け。千代田区は公共図書館でのできごと。
    ユーザーは大学や公共図書館で認証されたID、パスワードをもとに、図書館のサイトにはいりキーワードで全電子書籍を横串検索し、リストされた書籍一覧から、興味を持った電子書籍の貸出しを受け、PCから閲覧できる。他の人へ貸出し中なら、予約して順番を待つことになる。あくまで冊子体の本の貸出し形態を、電子版で再現するもの。
    ただしこの貸出し形態の再現のために、千代田区の方は自前のサーバーにアプリケーションソフトをインストールし、電子書籍コンテンツを格納する。したがって図書館側にある程度のITノウハウ、またサーバ-負担に耐える容量余裕及び財務的な裏づけが必要となる。
    この点紀伊國屋書店のものはASP型で、図書館の負担は小さい。つまり、大元のサーバ-にアプリケーショ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。