教育の方法と技術 第2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数947
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)認知主義的理論から捉えた学習
     人間は、客観的には同じ環境であっても、その環境の認知の仕方には個々に特徴があり、それぞれの構造がある。この認知の仕方を認知構造と呼ぶ。環境と相対したとき、人間には各自の有する既存の認知構造を環境に当てはめ応用しようとする、同化という働きが生じ、これに対して、既有の認知構造では環境への応用がこなしきれず、認知構造の方が修正され変化を遂げる調節という機能がある。そして、こうした同化や調節がそれぞれに学習なのである。同化と調節との集積、すなわちそれぞれの発達段階における経験と思考の集積が、さらに高次の認知構造を作り出していく。
     人間と環境との相互作用において、同化と調節の繰り返しのもとに均衡化が図られながら、認知構造は変化し、常に新しく構成されていくことになる。認知説においては、学習とは、基本的にはこのように「同化→調節→均衡化」の繰り返しの中で、特に調節に基づく認知構造の変化であり、そうした経験による環境についての認知の再構造化である。
    (2)コンピュータの利用方法
     上記のように学習を捉えた場合、「今までの認知構造では応用しきれず、自らの認知の構造..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。