児童理解と教育相談 第2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数828
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
     不登校の原因を考える上で、まず不登校のタイプにも変化が起こっていることに着目しなければならない。これまでの不登校の代表的なタイプとして、初めて親から離れて自分ひとりで他者と生活していかなければならないことに対する不安が原因で起こる、母子分離不安タイプの不登校がある。また、乳・幼児期には手のかからないおとなしくて良い子が、抑圧していた願望を抑えきれなくなってしまい、親に反抗心を示すために学校に行かなくなるという、良い子の氾濫タイプもある。
     いずれにしてもこれまでの不登校のタイプは、家族に対する思いが強く、その分思春期に入って同世代の子どもたちとの集団に入っていけないくなり、安心できる家から出られなくなったというのが主な原因として考えられている。
     一方、現代の不登校は、さまざまな原因によって起こること考えられるが、実際には非常につかみにくい印象がある。ここでは、特に児童と家庭の関係に注目して考察していく。
     かつての不登校の場合、児童の家族に対する思いが強く子どもと親との間には絆があった。しかし現代の子どもたちは家族との関係性そのものが希薄になっているため、家にいても物理的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。