国文学概論 分冊1(作り物語)

会員5,400円 | 非会員6,480円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数836
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    聖 徳 太 子 の 時 代 の 頃 に 始 ま り 、 発 展 し て い
    っ た 日 本 の 文 学 は 、 漢 詩 文 、 説 話 文 学 、 和 歌
    が 中 心 だ っ た 。 平 安 時 代 、 こ の 日 本 の 文 学 の
    中 に 登 場 し た の が 作 り 物 語 で あ る 。
    作 り 物 語 は 、 「 源 氏 物 語 」 絵 合 巻 の 「 物 語
    の 出 で 来 は じ め の 祖 」 と い う 表 記 か ら 、 「 竹
    取 物 語 」 が 始 発 で あ る と 考 え ら れ る 。 そ の 後 、
    「 宇 津 保 物 語 」 や 「 落 窪 物 語 」 な ど が 生 み 出
    さ れ た 後 に 、 こ れ ら の 集 大 成 と し て 「 源 氏 物
    語 」 が 生 み 出 さ れ 、 作 り 物 語 は 頂 点 を 極 め る 。
    初 期 の 作 り 物 語 で あ る 「 竹 取 物 語 」 は 、 こ
    れ ま で 日 本 の 文 学 の 中 心 を 担 っ て い た 説 話 を
    材 料 と し た 叙 事 的 内 容 が 基 調 と な ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。