若者の結婚観

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,238
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    若者の結婚観
    はじめに
    現代社会は日々変化を遂げており、以前とは異なる考え方や観点が増えてきている。
    その最たるものとして、恋愛、さらには結婚があげられるのではないだろうか。
    結婚は昔からの慣習であるが、本当に一定には収まらないほど多様化してきている。
    現代においてもひとまとめには出来ず、性別・年齢・地方などによっても全く違う考えが存在している。そこで、特に変化が著しいとされる若者においての観点に着目し、近年の変化を追いながら考察していきたい。
    (※ここでいう若者とは、特に断りがない限り10代を指す。)
    非婚化・晩婚化
    現在日本の法律では、男性18歳、女性は16歳から結婚できることになっている。
    しかし、近年では平均結婚年齢が年々上昇している傾向にある。また、2005年の調査で2000年に「結婚しない」と回答した30歳世代が、5年後にそれほど減っていなかったという結果があり、未婚化・非婚化は確実に進行している。
    ※【未婚】まだ結婚したことがないこと。結婚の経験がないこと。
    【非婚】結婚していないこと。あるいは結婚をあえて選択しないこと。
    [日本人の平均初婚年齢の推移]
    年 男性 女性 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。