日本の英語学習における英語教授法導入に関する考察

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数332
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の英語学習における英語教授法導入に関する考察
    「英語教授法」を研究する意義
    日本で英語が学ばれるようになり、これまで様々な英語教授法が乱立してきた。しかし英語教授法の多くは、日本と言語環境の異なる外国(おもにアメリカ・ヨーロッパ)で考えだされたものであり、それをそのまま日本で受け入れた場合、言語環境の違いによる歪みが生じる可能性がある。日本で実行されてきた先行の教授法は、はたして日本人の言語環境というものを考慮したときにどの程度成果をあげてきたのか、日本の言語環境に本当に適していたのか。そこで、日本における英語教授法の歴史を、諸外国での状況(例として韓国を取りあげる)とあわせて研究することによって、先行の教授法の有効性・不適合性を検証する。これによってそれぞれの教授法を日本で実践することを仮定した場合の当否を考える。
    問題提起
    先行の教授法は日本の言語環境というものを考慮したときに、日本人の言語指導法として適切なものであったかを、諸外国における例もふくめた検証により、日本の言語環境に適した英語指導法の当否を示し得るか、という問題を提起する。
    主張
    私たちは先行の教授法には日本の言語..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。