英文学演習課題レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数182
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    William Carlos Williamsの詩とBrueghelの絵画について
    今回私は本講義で学んだwilliamsの詩の中からBrueghelの絵画に関連している3つの詩を取り上げ、各々をよく考察したうえで、それらに関して私なりの観点から論じたいと思う。
    PEASANT WEDDING
    農民の結婚式を描いたBrueghelの代表的な絵画の1枚だ。Brueghelの作品には農民の暮らしを描いたものが多く、当時の楽器や食事の様子などが事細かに描かれている。PEASANT WEDDINGの中ではこの絵画の描写が細部に至るまでされており、読んでいると、Brueghelの絵画(静止画)から「がやがや」といった人々のざわめきが聞こえてくるような印象を受ける。
    その印象を受けて気がついたことがある。私はこの詩を読んでいるときに「聴覚」を使っているということだ。当然のことながら、絵画に対する描写、つまり視覚的に訴えかけてくる文章も多々あるが、音を連想されるキーワード、たとえばbagpipe、hound、gabbingなども多く用いられている。よく優れた書き手の文章はその情景を想像させる力がある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。