パフォーミングアーツ論課題レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数331
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    機会・人形の動きをする人間
    今回私は大道芸やストリートダンスといった路上パフォーマンスに注目した。その中でもヘブンアーティストとして現在活躍されているPERFORMER PARTSさんの「人形振り」について論じたいと思う。
    ヘブンアーティストとは2002年に東京都の石原慎太郎都知事により創設された大道芸人公認制度のことで、そのライセンスの所持者もまたヘブンアーティストと呼ばれる。「TOKYOアートタウン計画」の一環として行われた。
    PERFORMER PARTSさんは1984年からブレイクダンサーとして活動を開始し、原宿、横浜山下公園などを中心にストリートダンスの礎を築く。さらに海外へと活動拠点を移し、マンハッタン・ラスベガスでは、ショーダンサー、ストリートパフォーマーとして活躍する。帰国後も東京、横浜、千葉、埼玉などを中心にストリートパフォーマンスの活動を続け、2009年9月に東京都公認大道芸ライセンス、ヘブンアーティストに認定される。
    私はよくダンスの公演や路上のストリートダンスをよく見に行くが、そのダンスの種類はまさに多種多様である。ブレイクダンスのように激しいものもあれば、パン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。