ジェンダーとイメージレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数394
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジェンダーとイメージ~テレビCM、広告における女性のイメージ~
    女性のイメージというものはその時代ごとで大幅に違ってくるものである。本講義の「世紀末美術にみる女性のイメージ」の中でも言及されたように、この時代女性は「男を騙す」や「女性への恐怖」というイメージがあった。それに影響を受け、世紀末の美術家(画家)たちも女性の髪の毛などを強調する形で絵画に臨み、女性のイメージをそこに表している。では現代において女性は一体どのようなイメージで世の中に捉えられているのだろうか。私は、最近のテレビのCMや広告などから、以下の2つのイメージが抱かれているのではないかと思った。
    1、「やさしさ」
    一般的に女性は「母性」というやさしさを帯びている存在だと思われる。企業からしてみれば商品を買う客層、ターゲットに合わせてそのアドバータイズメントの行うわけだが、その時にその商品のイメージを定めることが重要性を帯びてくる。たとえば車のCM、広告1つとってみても、その車のイメージが違えば当然そこに登場する役者の異性も異なる。ん日産のFUGAという車は「高性能」、「高級車」、「スタイリッシュ」というイメージを持ってい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。