環境政策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数199
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境政策
    政策研究のメソドロジーを読むと、政策を考える際に、
    従来の環境政策
    環境政策が進展する理由となったのは高度成長期の四大工業病が大きい。産業公害に対する対策が進められ、環境権の導入も行われた。環境権は不明確な部分も多くあり、全ての分野において受け入れられているとはいえないが、当時の公害問題を直接反映した考え方といえる。
    現在の政策課題。従来(公害問題の頃)と現在を比較してみると環境政策の扱う範囲が広がっていることがわかる。現在は、従来のような加害者と被害者という構図に当てはめることのできない問題が課題である。都市・生活型公害と呼ばれており、社会経済活動による環境負荷が集積して発生すると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。