行政学レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数307
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    政治行政道州制行政学

    代表キーワード

    行政学政治

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地方自治を制度的に保障するための地方自治法は1947年にでき、団体自治と住民自治を中心とする戦後日本の地方自治体制が確立する。地方公共団体とは地域における行政を自主的に実施する役割を担うものとされており、地域おける事務や法令で定められた事務を行う団体とされている。団体自治とは地方自治体が国から独立して立法、財政、行政権をもつものと定義されるが、実際は国の関与下あった。様々な悪影響を与えた平成の市町村合併政策により、地理的な自治体の範囲が拡大し、住民自治の破壊・空洞化が進行してしまった。さらに、その影響が特別職と議員の削減に繋がってしまった。これを評価する声もあるが、一方主権を行使しにくくなったという所謂「住民自治の破壊、後退」と捉えることもできる。
    なぜ都道府県制度の改定が必要なのか
    大きく五つに分けて考えることができる。まず、都道府県と経済での乖離、そして広範囲での行政需要に対応するためである。現在の都道府県の形は120年近くにわたり変化がなかった。しかし、通信や交通はその間に発展しており、現在の都道府県では対応しきれなくなってきている。また、河川管理や広域的に交通、環境を考えてみて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。