カンガルーケア

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数533
ダウンロード数51
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    母性看護 小児看護、の実習でお役に立てればとおもいます。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ◆はじめに
    カンガルーケアのはじまり
    ◆カンガルーケアの広がり
    ◆NICUの環境
    ◆カンガルーケアの評価
    ◆発展途上国と先進国のカンガルーケアの相違
    ◆カンガルーケアの機能
    ◆赤十字産院で行っているカンガルーケア
     NICUに収容されると、長期間親から隔絶された状態におかれることも多い。また、NICUに入室したことにより褥婦は罪責感や将来の不安や否定的な感情をもってしまう。このことから母子の愛着形成が障害され、母子分離がおこる。特に新生児期に母子分離が起こることにより、被虐待児症候群になる率が高いと言われ、母子の愛着形成の必要性が求められている。最近愛着形成にも有効であるカンガルーケアは注目されている。
     1979年コロンビアのボゴタで2人の小児科医師によって極低出生体重児を対象にはじめられた。保育器が不足した為、母親などに自分の体温で赤ちゃんを温めてもらおうという処置をとってもらった。これにより、低出生体重児であっても、自律哺育が容易になった。感染源から隔離することができたため、低体温、栄養不足、交差感染による死亡が激減した。とくに極低出生体重児の生存率が著しく改善した。養育遺棄がな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。