病院機能分化の経営への影響

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数623
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    病院機能分化の経営への影響
     医療技術の発達・進展に伴い、以前では不治の病とされ、即座に或いは長期的な医療を施す前に死に至ったり、なすすべなく静養するしか手立てのなかった病に対して、医学的治療が可能となった。また、今日の日本では、保険制度インフラの拡充により、本来は高額である治療に対しても、一割から三割の費用負担で医療サービスを受けられる社会制度が整備されている。その一方で、医療技術の高度化、細分化に、その器としての病院の体制自体はキャッチアップしているとは言い難い。器としての病院のあり方、病状や年齢、社会的状況に対応した公平な保険制度の整備は、財政面の視点からのみでなく、実態に即した機能面からも論じられるべきであると私は考える。ニーズと現状に即した効率的なサービスが提供できる医療改革が求められている。
    日進月歩の医療技術と多様化する社会ニーズに、病院組織は根本的な改革が求められているといえる。2003年に公表された厚生労働省の「医療提供体制の改革のビジョン案」は、重装備の急性期"以外の一般病床の機能の中に、地域一般病棟の主旨をおおむね反映した考え方を盛り込んだ。厚労省はこれまで医療提..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。