懸賞論文

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数24
閲覧数591
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    目次
    はじめに 2
    第1章 JAL-JAS統合効果 3
    第1節 統合に至った経緯 3
    第2節 統合による成功と失敗 4
    第3節 ANAの改革 5
    第2章 中期経営計画の差 6
    第1節 目標の明確さとスピード 6
    (1) 人件費 6
    (2) 使用航空機の機種統合とダウンサイジング 7
    第2節 業績に表れる目標達成力 9
    第3章 国内線事業での成功 11
    第1節 国内線市場の現状 11
    (1) 競争が激化する国内線市場 11
    (2) 大幅に値上がりした普通運賃 12
    第2節 旅客収入の拡大 13
    (1) 損益分岐座席利用率の利用 13
    (2) プレミアム戦略での勝利 13
    第4章 国際線事業の現状と展望 16
    第1節 国際線旅客事業 16
    (1) 航空アライアンス 16
    (2) 国際線旅客事業の現状 17
    第2節 国際線貨物事業 18
    第3節 国際線事業の展望 21
    おわりに 23
    参考文献 24
    はじめに
     かつて日本の航空業界は日本航空(以下JAL)が国際線を、全日本空輸(以下ANA)が国内幹線を、日本エアシステム(以下JAS)が国内ローカル線を担当し、各社概ねの事業分野で収入源を確保

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    目次
    はじめに 2
    第1章 JAL-JAS統合効果 3
    第1節 統合に至った経緯 3
    第2節 統合による成功と失敗 4
    第3節 ANAの改革 5
    第2章 中期経営計画の差 6
    第1節 目標の明確さとスピード 6
    (1) 人件費 6
    (2) 使用航空機の機種統合とダウンサイジング 7
    第2節 業績に表れる目標達成力 9
    第3章 国内線事業での成功 11
    第1節 国内線市場の現状 11
    (1) 競争が激化する国内線市場 11
    (2) 大幅に値上がりした普通運賃 12
    第2節 旅客収入の拡大 13
    (1) 損益分岐座席利用率の利用 13
    (2) プレミアム戦略での勝利 13
    第4章 国際線事業の現状と展望 16
    第1節 国際線旅客事業 16
    (1) 航空アライアンス 16
    (2) 国際線旅客事業の現状 17
    第2節 国際線貨物事業 18
    第3節 国際線事業の展望 21
    おわりに 23
    参考文献 24
    はじめに
     かつて日本の航空業界は日本航空(以下JAL)が国際線を、全日本空輸(以下ANA)が国内幹線を、日本エアシステム(以下JAS)が国内ローカル線を担当し、各社概ねの事業分野で収入源を確保..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。