フランスにおける魔女

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数190
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    キリスト教が始まる前の社会では、様々な信仰や迷信が存在していて、例えばマレフィキウムという、呪術的な方法・超自然的な方法によって人々に被害を与えるというものがあり、これを行うものに対して迫害がなかったわけではないが、後世の魔女狩りのように実害の有無を問わずにマレフィキウムを使うものというだけでは迫害されることはなかった。
     女性は、男性以上に、超自然的な事柄と深く結びつけて考えられていた。それは、あくまでも概念上のことであって、超自然的な事柄は、教会によって現実にはそのようなことは起こりえないと否定されている。しかしプルヒャルトの贖罪規定によれば、彼女たちは有罪である。なぜなら、彼女たちが、他..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。