『恐るべき子供たち』の原作と映画について

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数398
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    『恐るべき子供たち』【薯】ジャン コクトー
              【監督】ジャン・ピエール・メルヴィル

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『恐るべき子供たち』の原作と映画について
    映画は、バッハの曲に乗せて始まり、若い女性が、丘の上にある台のような物の方向の上を見上げている。この情景は何か重要な意味を持っているのであろうが、原作を読む前に映画を見た者には何を意味するのか全く分からないであろう。しかし、情景からいわれのない不安感が伝わってくる。監督は、ジャン・ピエール・メルヴィルであるが、脚本とそしてナレーションは、原作者であるコクトー自身である。その映画は、太鼓の連打を合図に、コンドルセ中学校の学生が飛び出してくるところから始まる。そこに、原作にあるようなシテェ・モンティエの情景や状況、そして、住人たちの精神的な傾向についての描写はない。映画では、すぐに雪の夜の雪合戦が映し出される。原作を読んでいない者には少し唐突な感じがするのではないだろうか。しかし、ポールが車でジェラールで家まで送られている様子や、ポールとエリザベートの部屋の状況や遠慮のない関係ということは映画でも良く表現されていたと感じる。ところが、ポールとエリザベートの母親が死亡したあとに登場する看護婦のマリエットの性格や考え方などの原作にある説明が映画では一切..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。