技術と精神

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数143
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅰ 技術と精神
     産業革命によって、人間社会は物質文明ということのほかに、人間ではできないというと思われていたことができるようになる社会変革の歴史であったと思われる。産業革命以前にも、人間の生活に必要な道具を作り上げるという創造は行われていたのであろうが、産業革命以来の世界は、とてつもない創造と実現の世の中への変革であったろう。自動車や鉄道の発明発達は、その動力の創造とスピードや機能に合った車体の創造、そして、乗車した時に見える景色の変化。
    ひとつの技術が当たり前になると、当然の景色になってしまう。つい20年程前には、携帯電話などなかったと聞く。インターネットが発達したのは、ここ10数年のことである。高度情報化社会は、それほど歴史があるものではないようである。このような、高度情報化社会になる前は、人同士が会うか手紙によって情報を交わしていたのであるから、人の情報を基にした創造というものもスローペースで進んでいたと思われる。より早く情報を伝達するという目的もあって、高速交通機関が発達したという面もあるのであろう。
    しかし、今日では、携帯電話によって即座に意思の伝達ができ、インターネットで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。