l『青空』を読んで

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数133
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    女性労働自分生活精神表現不安労働者感想文

    代表キーワード

    感想文

    資料紹介

    『青空』Georges Bataille  Le Bleu du Ciel

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅰ Georges Bataille Le Bleu du Ciel『青空』を読んで。
    アンリは、酒と女の日々を送っている。しかし、妻であるエディットと子供2人はイギリスにいる。なぜか、妻の母親である義母が同居して、身のまわりの世話をしている。そうであっても、金持ちで泥酔して異常な行為に走る美人のダーティー、労働者問題に熱中するラザール、従順で常識的なグゼニーらと次々に関係を持っていく。さらに、町の女にも手を出しているらしい。INTRODUCTIONは、ロンドンでのダーティーとの酒びたりの日の醜態と係わりから始まる。この話のはじまりから、異常・異様な二人の関係が刷り込まれる。酒によってのみ、この異常性を作り上げているのではないことがわかる。しかし、酒は、登場する女性たちとの係わりのなかで、種類や飲み方、量などが語られ、その時々の状況をうまく表わすのに寄与している。
    アンリが、ソフトドリンクを飲むのは、ミルクコーヒーを注文した一度だけである。
    アンリは、ダーティーと飲み明かしたり、一人で飲み歩きながら早朝を迎えてしまうなど、その生活ぶりは、作者がAVANT-PROPOSの中で語っているよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。