検察官 検察官

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数340
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本社会権力裁判自分ロシア官僚タイ逮捕内容感想文

    代表キーワード

    感想文

    資料紹介

    検察官【薯】検察官

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ロシアの首都ペテルブルグから離れたとある市の市長の部屋で,市長が、ある筋から、この市に近々「検察官」が査察に来るという情報が入ったということを、そこに集まった市の要人達に説明する。
    その、市の要人達である市長、慈善病院長、郵便局長、判事、教育委員長たちは、検察官の査察の話を聞いて、自分達の悪行や職務怠慢がばれて,処罰されるのではないかと気が気でない。
    そんな彼らは、市の地主であるボープチンスキーとドープキンスキーが検察官と思い込んだ男に半信半疑で会いに行く。
    その男は、旅館で料金を払えずに四苦八苦しているフレスタコーフだった。
    そのときの、フレスタコーフの話は、検察官という地位とは関係のないものであったが、なぜか検察官と思い込む。
    各界の「名士」であり、教養や社会経験もある彼らではあったが、フレスタコーフが「検察官」であると誤解し、自分達の保身のために金を渡すことを決め、それぞれが賄賂をフレスタコーフに差し出す。
    ゴーゴリが、本作品を書き上げた時期は、ロシアでは官僚主義が横行していた時と重なる。
    この官僚主義を痛烈に批判した内容である。
    官僚等の強い権力をもった者に不正なことを頼むとき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。