『ロンドン-ほんの百年前の物語』-繁栄の光と影、そしてその不思議

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数142
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小池滋『ロンドン-ほんの百年前の物語』-繁栄の光と影、そしてその不思議-
    Ⅰ はじめに
    イギリスで始まった産業革命による社会の歪みを「おでき」として、光と影、現実と幻、暗闇と曙光、高雅と卑俗、文語調と口語調等々の異質のごった煮となった町、ロンドン(現在の「シティ区」)を中心とした「スプロール」と言われた「都市の無秩序発展」の中での不思議な出来事や事実が、全く不思議なこととは認識されずに、あたりまえの事として行われていた。これが、ほんの百年前のことである。この「おでき」と言われる偏った発展の不思議さと同じことが、現在においても起きていて、未来にその不思議さを語られるかもしれないという気持ちになる。なぜなら、ほんの百年前に「おでき」として語られた社会の歪みと似たようなことが、現在の情報化社会の中でその多くに接することがあり、人間は学習して社会が発展するという面と人間の性とのせめぎ合いの中で社会は揺れ動いて、上昇と下降の大きな波を起こし、それに翻弄され、過去の教訓を生かしきれずに、新たな不思議を生み出していると考えるからである。
    Ⅱ 事実と不思議
    カール・マルクスという名前は、世界を二分した..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。