①「格差社会」について

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数414
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅰ はじめに-動機について-
     私が格差社会に興味を持つにいたったのは、ここ数年のニュースやテレビの特集番組おいて取り上げられた格差について、自分のこれからの生き方の問題であるとともに、格差を憲法第25条に謳われている第1項「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」とされている趣旨がどのように社会に浸透し、第2項の「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」という努力義務が機能しているのかについて、考えてみたいとの思いから本表題を取り上げました。
    Ⅱ「格差社会」とは
     『ある基準をもって人間社会の構成員を階層化した際に、階層間格差が大きく、階層間の遷移が不能もしくは困難である(つまり社会的地位の変化が困難、社会移動が少なく閉鎖性が強い)状態が存在する社会であり、社会問題の一つとして考えられている。』(フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」)日本においても、ワーキングプアとしても取り上げられる社会問題となっている。
    Ⅲ 「格差社会」について
     バブル経済が破綻した1990年以降、総務省「労..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。