本の主題に即して20世紀のナショナリズム・デモクラシー・市民社会をめぐる諸問題について自分なりの視点を交えて論じなさい

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数305
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「ユダヤ人国家」の限界
    (「ユダヤとイスラエルのあいだ」著;早尾貴紀 青土社)
    はじめに
    ユダヤ教を信仰する者たちがイスラエルの地に故郷を再建しようとする運動(シオニズム)の帰結として、1948年パレスチナにイスラエルという国家が建国された。
    しかし、この建国はパレスチナの先住民であるアラブ人を物理的にも権利的にも迫害し、多くの難民を生むことになった。このような悲劇的な事態を招いたのはイスラエル建国が持つ矛盾、または一般的な国民国家の持つ矛盾が一因となっている。また建国問題を一層深めることになった要因に「国民」という定義づけの恣意性があげられる。「国民」は結局法律で決められるにすぎないという現実に対して、「ユダヤ人」を「国民」と定義する民族的、文化的な複雑さ、および政治的背景がより一層の混乱を生むことになる。
    そして現在は国際的な意向と現地住民たちとの意思がかみ合わず「ユダヤ人国家」も「パレスチナ人国家」もどちらも定義することがでず、混沌とした状況である。
    このイスラエル建国問題を通して、現代の人類のほとんどが当然の如く生活している国民国家とユダヤ教の文化的な特殊性の特徴の間の問題点が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。