行政法 課税における行政解釈の問題

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数133
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ―ストックオプション訴訟における私たちが目を向けるべき課題―
    1. おさらい…一連のストックオプション訴訟について
    ストックオプションを「一時所得」として確定申告するも、税務署は「給与所得」であるとして増額更正処分と過少申告加算税賦課決定処分を賦課決定した。この処分を不服とし処分の取り消しを訴えた。(⇒同様の訴訟が100件)
    ここで争点となったのは「ストックオプションは給与所得か一時所得か」という点と「過少申告をしてしまったことに正当な理由があるか」という点。前者は平成17年1月25日の最高裁判決により「給与所得」と判決され、後者は平成18年10月24日や同18年11月16日の最高裁判決において「正当な理由あり」と判決された。
    2. ストックオプション訴訟で見られた意義と課題
    この訴訟は一部の富裕層に限られた特殊な問題であるのか?
    私はこの問題において私たちも目を向けるべき意義と課題があると考える。
    意義その1:安易な課税に対する最高裁の指摘
    通達変更(平成14年)までの課税庁の指導
    平成10年以前はほとんどの税務署が「一時所得」と回答、公刊物にも明記
    同10年頃、課税庁内部で「一時所..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。