イジー・トルンカ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数213
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    イジー・トルンカ「皇帝の鶯」
    病床の少年―生彩を放つ人形
    「皇帝の鶯」ではストーリーの始めと終わりの部分が実写となっている。その二つの実写部分の間に人形アニメーションが展開されるという構成をとっている。始めの実写部分では、体が弱いため外で遊ぶことのできない少年が描かれ、その少年の想像(もしくは夢?)として活き活きとした人形たちが登場し、少年に活力と勇気を与える、というストーリーの流れをとっている。ここで人形アニメーションはそのストーリーの趣旨にあるように様々な工夫がなされている。以下にその工夫を分析していきたい。
    舞台は中国王朝
    この作品の舞台は中国王朝となっている。トルンカ作品では珍しいアジ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。