高度経済成長期の日本の政治

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数844
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1960年の安保条約改定後、池田勇人が首相に就任。「所得倍増」を標語とする高度経済成長が内閣の主要な施策となった。以後、1970年代まで高度経済成長の下、池田と佐藤の二人の首相による長期政権の時代が続いた。池田は「所得倍増」佐藤は「社会開発」を独自のブレーンによって構想し、政権に就くとそれを実行するスタイルをとった。
    1950年代の「政治の時代」と比べて1960年代の国民の関心は「生活水準の向上」であった。「国民所得倍増計画」の池田案では、9%の成長率を原案に入れ込んだ。この案は、経済成長のための工業地帯の整備に加えて、成長経済から脱落しかねない後進地域への開発をともなった。池田のブレーン集団..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。