音楽Ⅱ 保育・教育等の現場における音楽活動がなぜ必要なのかを述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数646
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「保育・教育等の現場における音楽活動がなぜ必要なのかを述べよ。」
    1.はじめに
     音楽は、人々にさまざまな効果をもたらすことが科学的に実証されている。それは、時に感動を与えたり、時に行動力や勇気を与えてくれるなどの効果である。現代社会では、私たちの日常生活のあらゆる場所で音楽を聴く場面がたくさんある。今日の教育現場においても、音楽に触れることが多い。
    例を挙げてみると、登下校時に流れるクラシック音楽、学校行事においては、運動会や卒業式で流れるさまざまなクラシック音楽が使われている。また、近年では有名アーティストの曲が合唱コンクールや卒業式で歌われていることがみられる。
     学校における音楽科の授業では、「表現」の領域と「鑑賞」の領域の2つの活動から行われており、その指導を行う教師は、さまざまな音楽の基本的な事項を身に付けておくことが大切である。
    2.音楽指導における基本的事項について
    (1)鑑賞指導
     鑑賞の活動では、曲を聴かせる際にビデオなどの映像を見せるなど効果的に行うことが大切である。また、作曲家の歴史や背景などを知ることも重要な学習であり、児童実態や発達段階に合った教材・教具の工..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。